FC2ブログ
topimage

2019-10

ハワイでの出産費用 - 2013.07.14 Sun

保険会社から届いた明細を元に、妊婦健診から出産までの費用を計算してみました。

ちょっと見づらいですが・・・


初診(超音波検査等)    $432.02
初回血液検査       $540.00
2回目健診(超音波検査等)   $376.46
血液検査(クアトロテスト)   $256.00
精密超音波検査         $697.29
血液検査(グルコース負荷テスト) $41.00
8回目健診(超音波検査等)       $264.04
12回目の健診(超音波検査&NST)  $318.54
13回目の健診(超音波検査&NST)  $318.54
14回目の健診(超音波検査&NST)  $318.54
出産(ドクターへの支払い)  $ 3,114.25
入院(病院への支払い)    $11,459.68


総合計 $18,046.36

※注:これは保険会社がカバーする前の金額です。
まだいくつかの請求書は届いておらず、実際支払う金額が明確ではないので、
私が実際支払った金額は、また後日レポしますね〜。

ハワイで出産したい方で、料金を参考にされる方は下記もご覧下さい。

・12〜14回目の健診は、予定日を超過してからの健診だったので、
予定日前に産まれていれば掛からなかった費用(計$955.62)です。

・2回目の健診の超音波検査は本来やらないのですが、ドップラーが不調だった関係で仕方なく・・。
なので、掛からないはずだった超音波検査費用($231.40)が含まれています。

・病院への支払い($11,459.68)について
私の場合、10日夜入院、11日早朝出産、12日2:00pmに退院しました。
昼間の入院・出産だったら、もっと安いだろうと思います。
あと、事情があって午後2時に退院しましたが、12日の11:00amまでに退院していれば、部屋の利用は一日だけだったので、もうちょっと安く済んだかな。
明細には、一日当たりの入院費用が記載されていないので、どのぐらい違うのかはよく分からないです。
あと、促進剤の料金はココに含まれていると思います。

・私は麻酔をしなかったのですが、もし麻酔をすると、ココに麻酔医への支払いも追加されます。

・クアトロテストの血液検査は、任意です。


もし保険に加入していなかったら、上記の金額で、そのまんま支払い請求が来ます。

恐ろしや・・・・・!!

180万円強(・_・;)

アメリカの医療費は高いって聞いてはいたけど、高すぎですよね〜!!

保険に入っていなかったら・・と、思うとゾッとする金額です。


スポンサーサイト



入院レポ -食事- - 2013.07.13 Sat

出産レポに続けて入院レポも、と思っているのですが、時間だけが過ぎて行く~笑。

忘れる前に記録として残しておきたいので、とりあえず入院中の食事について更新しておこうと思います。


入院中、5回の食事を頂きましたが、

ちょっと残念なメニューでした…

期待しない方が良い、と聞いてはいたので、そんなにがっかりはしませんでしたが、

産後の人がこういうもの食べるの?!

と、母とびっくりしたのを覚えています。

それでは、興味がある方は、どうぞご覧あれ~☆


1日目朝食(出産直後)

・フレンチトースト
・シリアル
・茹で卵(←フレンチトーストなのになぜまた卵…?)
・バナナ半分
・コーヒー
・牛乳

1日目昼食

・ミートスパゲティ
・サラダ
・ブラウニー生クリーム添え
・紅茶
・ジュース

1日目夕食

・玄米ご飯
・鮭(マヨベースのソース)
・ほうれん草の和え物
・サラダ
・クッキー3枚
・ジュース

夜食(看護婦に、お腹空いたと言ったら持ってきてくれました)

・イチゴジャムとピーナッツクリームのサンドイッチ

2日目朝食

・ベーグル(クリームチーズ、ジャム)
・ソーセージ
・シリアル
・紅茶
・ジュース
・牛乳

2日目昼食

・ご飯
・ビーフシチュー
・コーン
・サラダ
・ケーキ
・アイスクリーム(←アイスクリームかケーキどっちかだけでよくないかい?)
・ジュース

以上が、私が入院中に食べた食事です。

まぁ、アメリカですからね。

日本みたいに、母乳に良い和食なんて出てくるはずありませんね(笑)

出産レポ③ 子宮口7cm→出産! - 2013.06.28 Fri

アロハ~

出産レポが途中になってたので、続きを更新したいと思います。
文字ばかりの長文駄文ですが、興味のある方はどうぞ(^^

出産レポ①はこちら
出産レポ②はこちら


3時頃に子宮口7cmになった所からですが、

この少し後で(時計見る余裕ナシ、でもたぶん4時頃)、
妊娠中に読んだ出産レポでも良く出て来ていた「便意」を感じました。

でも、そんな事思い出す余裕もなく(笑)
看護婦シェリーに、「トイレ行きたい、う○ち出そう」と訴えました。

「あなたのBabyが出てこようとしてるのよ、トイレじゃなくて、ベッドに寝転んで」と、冷静に言われます(苦笑)

そして、内診。子宮口は9cm~!!

後ちょっと、なのですが、痛すぎてそんな事は考えられず。
私、自分は痛みに強い、と思ってたけど、実際は結構弱かったのかも知れません(^^;)

「ドクターに連絡するわね」とシェリーが出て行きました。

周りでは、看護婦さん3人くらいが動きまわっています。
いよいよ出産の準備に取り掛かった様です。

シェリーが戻ってきて、「プッシュしたい?プッシュしたくなったら、プッシュの練習しましょう」とのこと。

おぉ、ついにこの時が・・・!!!

2分間隔くらいで押し寄せる陣痛の波の中、1回の陣痛で、3回プッシュする練習をしました。

指導されたプッシュ方法は「大きく息を吸って、10秒間息を止めプッシュ」

最初はプッシュの感覚が良く分かりませんでしたが、何度か練習するうちにコツが掴めてきた感じ。

そして、何回か練習していると、破水。
しかもプッシュしてる時に破水したから、ドクターが座る場所に羊水がぶちまけられた状態に(>□<;)ギャーー!
ごめんなさいm(_ _)m

予定日から8日も遅れていたし、予想はしていたけどやっぱり羊水は濁っていました。

本来なら産まれたらすぐカンガルーケアなのですが、産まれたらBabyを綺麗にしてからカンガルーケアするわね、とシェリーから説明がありました。(←陣痛のさなかなので、全然耳に入って来ませんでしたが)


と、その時、右手の点滴の針をさした所から出血してる?!!と言うか流血してる?!!(←実は私がそう感じただけで、後でKingさんに聞いたら、点滴の管の中に血が逆流してたらしいです)

ウェ~~~(;゚Д゚)!!このタイミングで?!!

点滴の針が抜けてしまったのかずれてしまったのか、ちょっと良くわかりませんでしたが、

看護婦さん2人掛かりで点滴の針を直してくれました。

直してくれている最中、当然陣痛が止まってくれるはずはなく・・・

私は動きを止められるはずもなく・・・・直すのに少々時間が掛かっていましたが、なんとか直して頂き、再びプッシュの練習。

髪の毛が見えてるわ!ほら、見てみて、とシェリー。

Kingさんが、リーちゃんの髪の毛を確認して、ほんとだー!あと少しだよ、頑張って、と声を掛けてくれます。

と、ここでシェリーから、

「次の陣痛はプッシュしないで待てる?もうすぐBABY出て来そうなんだけど、まだドクターが到着してないの。万が一の時はもちろん私たち(看護婦たち)で対応するから」

と言われる。

ウェ~~~~( ;´Д`)わからん、次の陣痛、プッシュせずにやり過ごせるか、もはやわからん!て感じでしたが、

とにかく頑張って呼吸法で耐えました。


そして、ドクター到着。

お産の体勢に入り、陣痛の波に合わせてプッシュ!

1回の陣痛で3回プッシュを3回したので、9回のプッシュで産まれた、と言うんでしょうか?

もうプッシュしなくていいわよっ!!と言われ、Babyがツルンっと出て来ました。

ンギャ〜!!ンギャ〜!と産声をあげたリーちゃん。

私、赤ちゃんが産まれる瞬間泣くかな〜?と思ってたけど、それまでが痛すぎて涙も出ませんでした(笑)

鼻からスイカ、程ではなく、ほんっっっとうに大きなう○ちが出てくる感覚、というのが私のお産の感想ww


それから、プッシュしている時の記憶で、ドクターがハサミで会陰部を切る音がはっきりと耳に残リました。
3回、チョキチョキチョキって。リーちゃんは少し頭が大きめだった様で・・(^_^;)
3箇所切ったのかと思ったけど、切ったのは1箇所で、3回同じ方向に切ったようです。



いや〜長かった・・・!!

子宮口MAXになってからの約30分は特に長く感じました。
あの痛みが永遠に続くんじゃないか?!と錯覚を起こしかけました(笑)

実際は入院してから10時間、促進剤打ってからは7時間で出産したので、そんなに長いお産ではなかったと思います。

何はともあれ!無事に産まれて良かったです。



出産レポ② 子宮口2cm→7cm - 2013.06.23 Sun

アロハ〜

今日は、出産レポの続きを更新しようと思います。
出産レポ①はこちら

6/10(月)入院当日

【23:00】
22:00に促進剤をスタートしてから1時間後、笑顔が素敵で優しい看護婦シェリーさん登場!

リンさんとリンダさんは医療用に作られた感じのアロハ柄のシャツ(さすがハワイ!)を着てたんですが、
シェリーさんは、上下紫色の医療用の服を着用していました。
(翌日にはシェリーさんもアロハ柄のシャツを着てたので、もしかしたらお産に立ち会う用だったのかな?)

流れるように話すシェリーさんの英語は、少し聞き取りづらかったのですが、とっても優しい看護婦さんでした。
シェリーさんのおかげでお産を乗り切れた、と言っても過言では無いかもしれません・・・笑。

シェリーさんは、15分毎にお腹の張りを確認しに来ては、促進剤を増量していきました。
この促進剤、私の場合、けっこう速攻で効果が出ました。

この時点では、まだ子宮口2cm。


6/11(火)出産当日

【0:45頃】
2〜3分置きに陣痛が。
この段階で記録したiPhoneのメモ帳を確認すると「けっこう痛い」と書いてありました。
これ書いていると言うことは、まだ余裕があったんだと思いますが(笑)


【1:15頃】
子宮口は3〜4cm。


【2:00頃】
バランスボール投入。
それまでは、ずっと背もたれを45度くらいに倒してベッドで陣痛逃ししてましたが、結構耐えられなくなり、シェリーにバランスボールを持って来て貰いました。

ボールの上に座って、ベッドにうつ伏せてユラユラ、少し楽になる。
(※アメリカの出産用ガウンは、前から着て後ろはヒモで結ぶ割烹着みたいな感じなので、この時お尻が丸見え・・笑)

ホントは歩いたりして陣痛逃ししたいな、と思っていたんですが、出血も続いていたし、点滴がつながった状態で歩きまわるのが面倒だったんです・・・(−_−;)

トイレ行くのもめんどくさかったですね・・・。
点滴してるから、排尿量を毎回測らなくてはいけなかったから・・・。


【2:30頃】
Kingさん到着。
10日に仕事があり、帰宅したのが11日の1時過ぎだったKingさん。
シャワーだけ済ませて急いで病院に来てくれました。
仕事帰りに出産の立ち会いって・・・ちょっと申し訳無かったですが、しょうがないですね(^_^;

この時点でも、陣痛は2〜3分間隔。

バランスボールに座っている私の腰をさすってくれたり押してくれたりし始めますが、出産前クラスから2ヶ月ほど時間が経っていた事もあり、どこらへんを押すべきなのか忘れてしまっていた様子でした(笑)

陣痛の間隔が狭くて、ゆっくり状況説明が出来る状態では無かったので、Kingさんにはこれまた申し訳なかったです。

と、ココで母起床。
そう、実は私の母、私が陣痛で苦しんでいる中、ベッドの隣に広げてもらった簡易ベッドで寝ていたのです(苦笑)
子宮口の開き具合からして、すぐにお産にはならないだろうね、って体力温存の為に寝てもらったんですけどね。


【3:00頃】
子宮口7cm!やっと7cm!!
シェリーさんから、ここまで開くのにとっても痛かったはず、よく頑張ってるわ、いい調子と言われ報われる。

いや、ホントに陣痛ってものすごく痛いって覚悟してたけど、ホントに痛くて、ただただ必死に呼吸法で耐えるのみ!!でした。

バランスボールでは耐えられなくなり、立ち上がってKingさんにもたれ掛かって呼吸法試したり、
もう一度ベッドに寝転んで呼吸法試したり。

途中「もうダメだ、痛すぎて耐えられない」と心が折れかけましたが、
可愛い我が子も頑張ってる、もうすぐ会える、と耐えるしかありませんでした。

促進剤って、痛いっていう人と、そうでもないっていう人がいるみたいですが、私の場合は激痛でした....orz
やっぱり、薬で急激にお産を進めているだけあって、こういう痛みはしょうがないんでしょうね。


おっと、随分長くなってしまったので、続きは出産レポ③で更新しようと思います。

長文駄文にお付き合い頂き、ありがとうございます!

Mahalo~




出産レポ① 入院~促進剤開始 - 2013.06.22 Sat

アロハ!

忘れないうちに、出産レポを残しておこうと思います。

私は今回が初産で、周辺にプレママ友達もいなかったので、

不安な事や出産に関する知識をほとんどオンラインで拾っていました。

いろんな方のブログで綴られている出産レポは、とっても貴重な情報源だったんです♡

と言う訳で、私の経験がどなたかのお役に立てれば・・と言う思いも込めて。



出産レポ① 

6/10(月) 入院日

【午前中】入院当日に更新した記事
受診した妊婦健診で、当日中の入院を勧められる。
予定日を過ぎている上、羊水が減っている様子だし、どうやら私の骨盤が狭いらしく、
Cセクション(帝王切開)になる可能性が高い事を告げられました...orz

予定日過ぎた直後の健診では「2週間待っても良い」と言われていたのですが、
突然そんな事を言われてちょっとビックリ。
でも、ベビちゃんが最優先!!ということで、19:30に入院のアポを取ってもらいました。


【入院前】
母と急いで帰宅、お部屋の掃除と洗濯物を一気に終わらせる。
計画出産?と言うのか分かりませんが、「破水した」とか、「陣痛来た」が無い入院って、
準備するのに時間の余裕があるし、気持ちも整理出来るから悪くないかも~♪なんて余裕ぶっこいてました。


【19:15】
少し早めに病院到着。
私の到着前にちょうど出産した人がいて、私が入院予定だったらしいLDRがまだ掃除出来てなかったらしく、
(↑早く到着した私がそもそも悪い・・笑)
準備が整い次第移動する、と言われ、別のLDRでモニタリング(NST)を始める。
そして、看護婦(リン)さんに先導され、(アレルギー有無等の)アンケートに答える。



↑母親がアメリカのLDRルームに興味しんしんで、写真をいろいろ撮ってました。私、まだまだ余裕の笑顔( ̄▽ ̄)

そして、途中で看護婦リンさんから看護婦リンダさんに担当交代。
左手の甲に、点滴用の針をブスっとさされ、採血される。
が、どうやらリンダさん、失敗したらしく、"Damm it!(くそっ)"とか言ってました・・・・オイオイ(゜o゜;
結局、右手の甲にもう一回ブスッと針をさされ、点滴開始。



この右手にさされた針が、陣痛中大変なことになるのですが、これはまた後ほど・・。
そして、左手の小さな刺傷が、後々血圧を測る度にジクジクと痛みました。
点滴用の針って結構太いし、それなりの深さまでさしてますもんね。

リンダさん曰く、微弱陣痛が6分間隔で来ているとの事。

えー?陣痛来てるの・・・???あんまりわかんない・・・moblog_5b243419.gif

促進剤使わないで自然分娩が良いなら、それはあなたの意思を尊重するわよ、と言いながらも、促進剤の準備を始めるリンダさん。でも、ドクターが促進剤を勧めてるなら、使った方がいいと思うわ、と言われ、使うことに致しました。


【22:00】
促進剤開始。

ココで、看護婦リンダさんから「自分は23時で退勤、しばらくバケーションに入るからもう会えないけど、頑張ってね」と言われる。

・・・・・良かったね、と母と言い合いました(笑)

なぜなら、このリンダさん、見るからにアメリカンでカジュアルな看護婦さんだったのです。
ガム噛んでるし、ヒールのある靴履いてるし、でっかいぶら下げるピアスつけてるし、金髪のロングヘアは結ばずに下ろしてるし・・・・(^_^;)

こういうカジュアルな所はアメリカのイイトコロなのかもしれませんけどね。

点滴の針失敗された時点で、私の中でもうこの看護婦リンダさんはアウトでしたからw
23時になって看護婦がシェリーさんに交代しました。


と、ダラダラと書いていたらすごく長くなりそうmoblog_f3e51b95.gif

なので、一旦ココで切って、出産レポ②に続きます!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ALOHA!

Peace

Author:Peace
2008年 日本で大学卒業
2010年 大学院留学(ソウル)
2012年 2月結婚、ハワイ島移住
2013年 6月第一子出産

第一のふるさとは日本。
第二のふるさとは韓国。
第三のふるさとは、ハワイになりそうです。

旦那(Kingさん)> ツアーガイド
長女(リーちゃん 改め リリーちゃん)

いくつになったの

script*KT*

Thank you!

ご訪問ありがとうございます♪

最新記事

Categories

openclose

最新コメント

月別アーカイブ

Photo

*Mauna Kea* 20120505183525030.jpg
山頂での夕日 20120505183703341.jpg

*Black Sand Beach* 20120505183705069.jpg

*Four Seasons Beach* 220120505183704400.jpg

*Volcano National Park* 22012050518370134f.jpg

*Kua Bay*
コバルトブルーの海! kuabay20120626230855.jpg

*Lagoon Beach* 201205051835281d6.jp

Konaに来てから